やっとかめ審判記~かんこーしてちょ~
アマ野球審判員として思ったこと起こったことなどテキトーに書いていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月3日ですね・・・
今日は3月3日です。そうです・・・

耳の日です・・・

なんだか親父ギャグみたいですが、この耳というのも審判にとって大事です。

野球において、大半のプレーは一塁で起こります。

バッターランナーを一塁でアウトにする時に審判はまず、目でランナーの足がベースにつくのと一塁手の足がベースから離れていないかを見ます。これは、同じベースで起きるので適当な距離をたもっていれば難無く見ることができます。

もう一つ、ランナーの足がベースに付くのとボールが一塁手のミットに収まるのがどちらが速いか確認します。

こちらは、ベースとミットの位置が離れているのでどうするのかと言いますと・・・

左目で足、右目でミットを見ます・・・嘘です・・・審判はカメレオンではありません。

どうするかというと、音です。ボールがミットに入る時の音を聞いて足が速いのかボールが速いのかを判断します。さらに、送球がそれた場合、一塁手の足がベースから離れる可能性が高く、そちらを注視する事があるので、ランナーがベースを踏んだ音を聞き分けることもあります。

なので、一塁を守る可能性のある選手はグローブをしっかり手入れし、且つ、いい音を立てて捕れるように努力するといいと思います。

なぜって?審判が助かるからです^^

冗談ぽいですが、審判も人間なので間違えることもあります。しかし、できる限り正しいジャッジをするために努力は怠りません。それには、やはり選手の協力も必要ですからね^^

よろしくお願いします^^
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://toukaiump.blog.fc2.com/tb.php/42-8d7e28c9
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。