やっとかめ審判記~かんこーしてちょ~
アマ野球審判員として思ったこと起こったことなどテキトーに書いていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
振り逃げのお話・・・
今日は雨ですが、週末は晴れそうですね^^このままもっておくれよ・・・

さて、ルールのお話です。振り逃げです。

過去記事にも出ているので、検索して参考にしていただけるとありがたいです。

この、日本語のために、空振りの時にしか適用されないと思っている方が結構いらっしゃるようです。

スリーストライク目を捕手がとりそこなった時にも適用されるので見逃し三振した時にも振り逃げできる場合があります。

なんか、おかしいですよねwww

かつて、学童の試合で前述のような場面がありまして、攻撃側の監督さんが選手に向かって「走れ!!」と叫びました。

すかさず、守備側の監督さんが「振ってないんだから走れねぇよ!」って叫びました・・・

イニングの合間にそれとなく教えて差し上げました。「振り逃げって言う日本語がおかしいですからね」ってフォローしておきましたが・・・赤っ恥です・・・

なので、何か振り逃げに替わるいい言葉をつくりましょうか?

三振ダッシュなんかいかがかな?
スポンサーサイト
雨・・・
あぁ・・・また雨ですね・・・

先週までは毎週のように土曜日が雨で中止でしたが、今週は日曜日が雨で中止ですよ・・・

私の住んでいる地域では私の所属する連盟以外にもたくさんの学童、少年野球連盟があり、各チーム内で話し合ってどの大会にエントリーするか決めています。当然複数の大会にエントリーするチームもあります。

試合の日程が重ならないようにうまく調整しなければなりませんが、こうも雨が続くと日にちが足りなくなってしまい、調整がきかなくなってきてしまいます。

すると、どうなるかというと、チーム内で相談して一部大会を棄権せざるを得なくなってしまいます。

選手たちは野球がうまくなるため、そして、試合に勝つために日々努力しています。

ランニングや素振りを毎日の日課にしている選手もいることでしょう。

そんな、選手たちの努力に報いるためにも週末晴れて欲しいですね・・・
反則打球だよ・・・
げ!・・・またまた週末雨予報だ・・・呪われてるなぁ・・・

さて、前回の続きです。

その昔、日本ではスクイズプレーの時に反則打球があると、三塁走者がアウトになっていました。現在は正しいルールで打者がアウトになります。

なぜこういった日本独自のルールがあったのでしょうか?

諸説ございますが、一説をご紹介します。

ルールブックに、無死または一死で、走者三塁のとき、打者が本塁における野手のプレイを妨げた場合。この場合走者がアウトになるが、二死後の場合は打者がアウトになる。

と、あります。スクイズプレーにおける打者のインターフェア、守備妨害の適用方法の特例です。

これと混同したのではないでしょうか?

以前、なぜ反則打球がアウトか?打者がバッターボックスを出るということは捕手の捕球の妨げになる、だから捕手に対してのインターフェアだからアウトになる・・・との話を聞いたことがあります。

しかし、これもまったくの間違いで、なぜ反則打球がアウトかと言いますと・・・

野球のルールだからです。それだけなんです^^

フライを捕ったらアウトだよ、ストライクが三つで三振だよってことと一緒です。

昔から日本人はとても勤勉で真面目なため、ルールブックを深読みして難しく解釈してしまうところがあるのではないでしょうか?

本来、野球は大雑把でざっくりしています^^力いっぱい投げて、力いっぱい打って、力いっぱい走る・・・

ルールも単純に考えましょう^^
反則打球のお話・・・
またもや週末雨です・・・

反則打球です。Illegally batted ball(イリガリーバッティドボール)と言います。

打者の片足、もしくは両足が完全にバッターボックスの外に出た状態で投球を打った場合に適用されます。

ペナルティとしては打者アウトです。

自身のバッターボックスの白線の上にかかとやつま先が少しでもかかっていれば、問題ありません。

たとえ、ベースを踏んでいたとしてもかかとが白線にかかっていればOKです。

スクイズプレー(走者三塁で、投球と同時にランナー走り出し、打者がバントします、高校野球でよくみる作戦です。)の時に、この反則打球をした場合、日本では2005年まで三塁走者がアウトになるというルールでしたが、現在は正式なルールを適用して、打者がアウトになります。

なぜ、日本だけ変わったルールを適用してきたのでしょうか?

それは・・・またお話しますね^^

ネタ溜めしておきますwww
ブラゼルが怒ったね・・・
阪神タイガースのブラゼル選手が対戦相手である広島カープの投手の厳しい内角への投球に怒って退場になりましたね。

昔の私ならば、「また、外国人選手の被害妄想だな。」と、思うところですが、今は違います。

前日の試合で、広島の投手が阪神の選手の顔に投球をぶつけてしまいました。

故意ではないにしろ、翌日の試合では怪我をした選手や相手チームに敬意をはらって、厳しい内角攻め、要するに打者の体の近くに投球するのは控えるべきです。暗黙のルールというやつです。

考え方としては、とある会社のA部署の社員がミスをしたとします。それによって、同じ会社のB部署に多大な迷惑をかけてしまいました。当然A部署の役職者はB部署に謝罪し、場合によっては菓子折りの一つでも差し入れたりしませんかね?
もし、A部署の人間が、「わざとやったわけじゃないし、後処理はB部署の仕事だろ?」なんて態度で平然と仕事をしていたらどう思いますか?

大人の社会のルールやマナーはどの世界でも同じじゃないのかな?
大人の試合でした・・・
桜がきれいですね、ぼーっとながめてたいなぁwww

先日、とある大人の試合の審判をやらせていただきました。NPBを目指しているくらいのレベルの試合です。

しかし、がっかりですね・・・私の嫌いな、相手や審判をだますような行為・・・ボークや妨害まがいの紛らわしい動き・・・
審判のジャッジに対する野次、罵声・・・ひどいですね・・・

もし、NPBのスカウトが見ていたらどうするんですかね?よっぽどずば抜けた能力があればべつですが、あえて、こんなことをする選手を取ることはないんじゃないのかなぁ・・・

普通に考えてもそうじゃないですかね?ウソをついたり、人をだましたり、わざと紛らわしいことをして人を陥れたり・・・

私はそんな人と一緒に仕事したくないな。
久々の、中学生の試合・・・
今日は、日付的には昨日ですが、寒かった・・・ヘビがまた冬眠しちゃうぞ・・・嫌いだからその方がいいな。

中学生の試合です。

二回ボールが当たりました。一つはワンバウンドしたのが腿に当たり・・・痛いですね・・・

決して安くはないプロテクターの無いところに当たりますね・・・

もう一つは、捕手の股をすり抜けたショートバウンドの球が急所を直撃ですwww

カップはつけていますが、下からの突き上げはきついですねぇ・・・男性にしかわからない痛みですwww

しかし、ここで痛い姿を見せてしまうと、両軍ベンチやご父兄の方からクスクスとした笑い声と「審判がんばれぇwww」といった生温かい声援を受けてしまいますwww

なんとしても避けなければならないので、必死で我慢ですwww

審判は大変ですねwwwっていうか、キャッチャー捕れやぁ!!www
小学4年生の試合のこと・・・
今週末は久々に晴れそうですが・・・寒いっすねぇ・・・風が強い・・・まぁいいか^^

小学4年生の試合でストライクゾーンをまともに取ってしまうと試合が進みません。

四球・四球・死球・エラー・暴投・四球・死球・四球・エラー・暴投・・・無限ループです。

なので、ほとんどの審判さんが選手の力量を見極めてある程度広めにとります。

どのように広げるかはその審判さん次第です。

以下に、記すのは恐縮ですが私のやり方です。

横です、一般的にコースと呼ばれています。

内角、打者の体の近くです、対して外角、打者の体の遠くです。私は内角をきっちり、外角を広めに取ります。

高低です。

私は、低めは普通に高めを広く取ります。

経験上、このやり方が一番、野球の試合らしくなりますwww

あくまでも、私の経験上のやり方です。それぞれ審判さんなりに色々工夫されているでしょうし、中には4年生といえどルール通りにきっちりとっている方もいらっしゃるとは思います。

私も常にこのやり方ではありません。それぞれのチームや選手の力量を見極めて、適当なさじ加減を探ります。

審判は正しいルールで正確なジャッジをすることも大事ですが、うまく、ゲームをコントロールすることもとても大事なんです。
小学4年生の試合のお話・・・
もう4月なのにまだ寒いのはなぜ?・・・

先日、審判をやらせていただきました。ほとんどの少年野球連盟でこの小学4年生から公式戦が組まれます。

当然のことながら、体力的にまだまだ非力で投球も捕手に届かせるのが精一杯です。

小学4年生の試合、私は大好きなんです。

なぜなら、色々と野球のルールを教えてあげられるし、中学生くらいになると妨害をしておいて、わざとじゃないととぼけたり、ボールが当たってもいないのに当たったとウソをついたりする選手が出始めますが、この学年の子達は純粋にボールを追いかけ、必死に野球を楽しんでいるからです。

必死でボールを追いかけます。が、技術が追いつかず^^色んなプレーが起こります。なので自分自身のルールの勉強にもなります。

中でも特によく起こるのが、ボークですね。いくら口で教えてもなかなか理解しづらいため、その場で、「今こういう動きをしたからボークなんだよ」って教えてあげるのが一番わかりやすいと思います。

しかし、そんなにすぐには覚えられないし、直らないです^^なので根気良く、丁寧に何度でも教えてあげます。

4年生のうちに少しずつ覚えて直してもらえれば充分です。

そして、卒団するまでの間に、たとえうまくできなくても、今のボークをしてしまったなと思えるように理解してくれれば良いと思います。

このボーク・・・大概の監督さんコーチさんは相手のチームのボークには厳しいですが、自分のチームのボークにはだんまりですけどねwww
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。