やっとかめ審判記~かんこーしてちょ~
アマ野球審判員として思ったこと起こったことなどテキトーに書いていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新しい組織です・・・
更新滞っている間にも、ご訪問くださった方々、ありがとうございます。

今年から別の野球組織にも所属させていただき、掛け持ちで審判をやらせていただいております。

初めは自信をもってやっていましたが・・・

今までの審判経験がほとんど役に立たないくらい通じません。

厳しい世界に足を踏み入れました。

逃げ出したいくらいのプレッシャーを感じます。

しかし、私は逃げません。組織から解雇される恐れもあります。

解雇されたらどんなに楽になるだろう?

でも、解雇はされないように努力します。

いつの日か、認められるようにかじりついてやります。

今はお盆休みで試合がありません。次週、その組織での試合があります。

楽しかった審判なのに、とても憂鬱です。

逃げませんよ、少ないチャンスをものにして必ず認めさせてやります。
スポンサーサイト
七夕の日に・・・
2012年7月7日・・・忘れられない日になりました。

御歳79歳、今年11月には80を迎えるはずだった先輩審判さんがお亡くなりになられました。

私が知りうる限りで、現役最高齢の審判さんでした。

私が勉強のために審判講習会に参加していると、必ずいらっしゃいました。

私のような駆け出しならともかく、何年も審判をされているのにとても勉強熱心で常に新しい動き方やルールの解釈を取り入れようと努力なされる姿はとても感銘を受けました。

いつも身だしなみを清潔にして、最新の審判ウェアを身に着けて・・・

私「お!何ですか?その服?かっこいいですね^^」先輩審判さん「おお^^かっこいいだろう^^」

あの柔和な笑顔をはっきり思い出します。

今年の5月末には同じグラウンドで元気に審判をされていたのに・・・

審判に限らず、色んなお話をたくさんお聞きしたかったな・・・

先輩審判さん、お疲れ様でした。どうぞ、ゆっくりしてくださいね。

合掌

久々の、中学生の試合・・・
今日は、日付的には昨日ですが、寒かった・・・ヘビがまた冬眠しちゃうぞ・・・嫌いだからその方がいいな。

中学生の試合です。

二回ボールが当たりました。一つはワンバウンドしたのが腿に当たり・・・痛いですね・・・

決して安くはないプロテクターの無いところに当たりますね・・・

もう一つは、捕手の股をすり抜けたショートバウンドの球が急所を直撃ですwww

カップはつけていますが、下からの突き上げはきついですねぇ・・・男性にしかわからない痛みですwww

しかし、ここで痛い姿を見せてしまうと、両軍ベンチやご父兄の方からクスクスとした笑い声と「審判がんばれぇwww」といった生温かい声援を受けてしまいますwww

なんとしても避けなければならないので、必死で我慢ですwww

審判は大変ですねwwwっていうか、キャッチャー捕れやぁ!!www
NPB開幕ですね^^
やっぱり明日も雨だなぁ・・・しかもかなり激しそうですね・・・雷て・・・
神様もう悪さはしないのでそろそろ週末晴れさせてもらえませんかね?って悪さしてないし・・・多分・・・

NPB開幕戦ですね^^

名古屋ドームは、佐藤審判員(52)、名電出身の中村審判員(49)、飯塚審判員(50)そして・・・

山本審判員(31)!!

色々と気を遣いそうですねwwwがんばれ山本審判員!!
ポイントのお話・・・
朝・・・雪がちらつきました・・・ほんの少しですが・・・寒い

さて、ポイントのお話です。クイズ番組の点数のことではありません。

打球がファウルライン際にあがり、野手がキャッチした時に審判がそのプレーがフェアフライなのかファウルフライなのかをお知らせする時のゼスチャーです。

フェアの場合は人差し指をフェア地域側に出してファウルの場合はファウル地域側に出してお知らせします。

この、人差し指を出す仕草をポイントすると言います。

日本の場合、キャッチ、ノーキャッチのメカニックの後にポイントをしますが、アメリカではポイントの後にキャッチ、ノーキャッチのメカニックをします。

なぜアメリカではポイントが先かと言いますと、まず、野手が打球に触れた瞬間にフェア、ファウルが決まりますので、先にポイントです。その後にキャッチかノーキャッチの判定です。

日本のように、キャッチ、ノーキャッチの判定を先にしてしまうと、もしお手玉をしていた時にフェア、ファウルの判定が遅れてしまいます。

まぁ、よくよく考えればどちらでもそれほど問題は無いのでしょうが、判定の順序通りにするとなれば、アメリカの方が順序通りでしょうね。

NPBの審判さんも先にポイントをするようにしているようですね。

しかし、打球が地面すれすれの場合はキャッチかノーキャッチの方が皆さん知りたいと思うので、先にキャッチ、ノーキャッチの判定をした方が良いと思いますね^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。